早漏治療で支払う値段の一般的な相場

早漏の原因は色々、心因性、過敏性、衰弱性

早漏治療をする前に原因を把握し適切に治療することがたいせつです。
心因性は今まで経験した性行為で早く射精し、パートナーを満足させることが出来ず、その経験が、心に残り次も早くしてしまうのではないかと言う不安が、原因となり交感神経が活発になり、興奮しすることになり射精してしまうのが、心因性です。
また家庭や仕事、人間関係等色々とストレスでも交感神経が、活発になり早漏になることもあります。
過敏性は若い世代の10代から20代に多いタイプです。
健康的な勃起力や性欲が強い人がなり、ペニスやその周りの皮膚神経が敏感で少しの刺激だけで射精してしまうのが、過敏性ですが早漏治療で改善します。
衰弱性は男性ホルモンが、加齢より分泌量が低下して筋力低下で我慢できなくなってしまいます。
筋力低下は射精の勢いも弱ります。
40代になると男性ホルモンの分泌量が低下するのでその年代以降は、多く見られ早漏治療が必要です。

早漏治療、内服薬、トレーニング、手術、価格相場

内服薬は認可されている世界初の早漏治療薬がプリリジーと言う薬があります。
有効成分のダポキセチンは交感神経を鎮めて脳の興奮を抑えて射精時間を延長させる効果あります。
トレーニング方は刺激に耐性をつける方法で刺激に過敏に反応してしまうペニスを強制する方法です。
自慰の時、射精直前に鬼頭を手で数秒間圧迫し我慢し、波が過ぎるのを待ちその繰り返しをして刺激に耐えられるようにします。
手術は小帯切除法、包皮切除法、冠焼灼法などがあります。
小帯切除法は鬼頭の裏側にある非常に敏感な包皮小帯と言う帯があり、その帯を切除する手術です。
小帯の敏感さが解消されます。
包皮切除法は包茎手術をします。
包茎により敏感な陰茎が解消され早漏が、改善されます。
亀頭冠焼灼法は、カリ首部分を高周波メスで焼灼する治療法で冠部分を焼灼し冠の厚みが増し性交時に刺激が緩和されます。
亀頭冠が敏感な方には効果的です。
費用値段も幅があり内服薬処方で値段は3000円から5000円位です、手術値段は50000円から110000円ですが、クリニックにより術式もオリジナル性もあり相場、値段の限りではありません。

まとめ

早漏治療は男性にとってデリケートな事柄です。
パートナーに聞くことさえ躊躇われます。
そんな悩みが、精神的な要因を大きくしてしまいます。
まずは診察カウンセリングをし、値段や要因、早漏治療方法を把握することで安心して確実な治療を行うことが大切です。
効果的な早漏治療と自分の要望を相談し不安を解消しすることが、より早い早漏治療に向かいパートナーとの、より良いライフスタイルが築けます。
悩みをかかえる多くの人たちが解決することが大切です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。